アキバ・エンジンガジェット京都府

カプセルホテルのイメージを覆す「9h(ナインアワーズ)」泊まってみた。

ポッド

ポッド


9h(ナインアワーズ) (19)京都にできた従来のイメージを変えるようなデザインカプセルホテル。

ここに一度泊まってみたくて大阪に行く途中にわざわざ京都ににあるここを予約してみました。



1Fエントランス&ラウンジ

男女別のフロアになってます。

1F/2Fのロビーでは無線LAN使用可能

24時間チェクイン・チェックアウト可能




3F 9F ロッカー&シャワー

9h(ナインアワーズ) (2)

9h(ナインアワーズ) (6)

シャワールームの奥に入ると大人2人くらいが入れる浴槽にお湯が張ってあり体を温めることができます。





寝具はスポーツウェア調。


館内に設置してある懐中電灯もこんな感じ。











4F 8F スリーピング・ポッド

9h(ナインアワーズ) (27)



ここではポッドと呼んでいるカプセル、見るからにSFっぽい。

TVなどの娯楽設備は一切なし。ストイックなカプセルホテル。

まあ最近はワンセグとかあるからいいのか。


アメニティ

チェックイン時にオリジナルのミネラルウォーターが渡されます。

ホテル内には飲料水の自動販売機は設置されていなく持ち込みも不可のためこれが唯一の飲み物になります。

整髪料、カミソリはなし。

シャンプー、リンスは2回洗える十分な量。

9h(ナインアワーズ) (12)9h(ナインアワーズ) (13)

9h(ナインアワーズ) (14)



24時間営業なので出入りは自由。隣がコンビニなので必要品はすぐに買い出しに行けます。


残念だったのはカプセルホテルの宿命か周りのりのいびきがスゲーかったこと。

11:00に就寝したけど結局3:00過ぎまで眠れず。

たまらず起きてまわりのカプセル確認したら真上と真横でイビキの大合唱。

こりゃたまらん。

と逃げ出し、悪いと思ったが端の開いてるポッドへ避難。

幾分かましになったので4:00過ぎにやっと寝れた。

だがこのおかげで起きたのは10:30過ぎに。

慌てて着替えてホテルを出ることに。

快眠がテーマのカプセルホテルだっただけこれは想定外。

今度から耳栓か音楽プレーヤーでヒーリングでも聞きながら眠るなどの自己対策が必要かと思った。

» nine hours

すべての画像はこちら:




カプセルホテルのイメージを覆す「9h(ナインアワーズ)」泊まってみた。” への1件のフィードバック

  1. 成田空港にもできるみたいですね、ずいぶんかかったけど。
    東京にもできるって出来た頃からいってたのでいつできるかと思ってたので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です