ヘボン式ローマ字表記を採用しています。

一部ヘボン式でない箇所もありますが順次変更を行っています。

ヘボン式ローマ字綴方表
AIUEO
KAKIKUKEKO
SASHISUSESO
TACHITSUTETO
NANINUNENO
HAHIFUHEHO
MAMIMUMEMO
YAYUYO
RARIRURERO
WAIEO
N(M)
GAGIGUGEGO
ZAJIZUZEZO
DAJIZUDEDO
BABIBUBEBO
PAPIPUPEPO
キャKYAキュKYUキョKYO
シャSHAシュSHUショSHO
チャCHAチュCHUチョCHO
ニャNYAニュNYUニョNYO
ヒャHYAヒュHYUヒョHYO
ミャMYAミュMYUミョMYO
リャRYAリュRYUリョRYO
ギャGYAギュGYUギョGYO
ジャJAジュJUジョJO
ビャBYAビュBYUビョBYO
ピャPYAピュPYUピョPYO
※参考
シェSHIEチェCHIEティTEIニィNIIニェNIE
ファFUAフィFUIフェFUEフォFUOジェJIE
ディDEIデュDEYUウィUIウェUEウォUO
ヴァBAヴィBIBUヴェBEヴォBO
ヴァBUAヴィBUIヴェBUEヴォBUO
※注意 「ヴァ:VA」「ヴィ:VI」「ヴ:VU」「ヴェ:VE」「ヴォ:VO」は使用不可

【ヘボン式ローマ字表記へ変換する際の注意事項】


  1. 撥音:B、M、Pの前の「ん」は、NではなくMで表記します。
    例:難波(ナンバ)NAMBA、本間(ホンマ)HOMMA、三瓶(サンペイ)SAMPEI

  2. 促音:子音を重ねて表記します。
    例:服部(ハットリ)HATTORI、吉川(キッカワ)KIKKAWA
    ただし、チ(CHI)、チャ(CHA)、チュ(CHU)、チョ(CHO)音の前には「T」を表記します。
    例:発地(ホッチ)HOTCHI、八丁(ハッチョウ)HATCHO

  3. 長音:OやUは記入しません。
    ※長音表記を希望する場合には、下記【ヘボン式によらないローマ字氏名表記】を参照してください。
    「―」を省略する場合
    例:ニーナ(ニーナ)NINA、シーナ(シーナ)SHINA、サリー(サリー)SARI
    「イ」を省略しない場合
    例:新菜(ニイナ)NIINA、しいな(シイナ)SHIINA、さりい(サリイ)SARII
    「ウ」を含む長音「ウウ」の場合(「UU」は表記しません。)
    例:日向(ヒュウガ)HYUGA、裕貴(ユウキ)YUKI、優子(ユウコ)YUKO
    「オ」を含む長音「オウ」の場合(「OU」は表記しません。)
    例:幸太(コウタ)KOTA、洋子(ヨウコ)YOKO、亮子(リョウコ)RYOKO
    「オ」を含む長音「オオ」の場合(「OO」は表記しません。)
    例:大野(オオノ)ONO、大河内(オオコウチ)OKOCHI、大西(オオニシ)ONISHI
    末尾が「オオ」音で、ヨミカタが「オ」の場合(「OO」と表記します。)
    例:妹尾(セノオ)SENOO、高藤(タカトオ)TAKATOO、横尾(ヨコオ)YOKOO
    末尾が「オウ」音で、ヨミカタが「ウ」の場合(「OU」とは表記しません。)
    例:伊藤(イトウ)ITO、高藤(タカトウ)TAKATO、御園生(ミソノウ)MISONO

  4. 「ヴ」のつく氏名例
    例:ヴィヴィアン(ヴィヴィアン)BUIBUIAN 又はBIBIAN、
    ヴォードレール(ヴォードレール)BUODORERU 又はBODORERU

参考:外務省「ヘボン式ローマ字綴方表」