関心

何故アキバはつまらなくなってしまったのか?

戦後のラジオ街から70~80年代のオーディオ街,90年代のパソコン街,そして現在のアニメ街と変遷を遂げてきた街、秋葉原。

しかしここ数年の駅の再開発によりビジネスビルが立ち並び、マンションができたおかげでスーパーが進出してきたり。その上、今度はスーツ屋ですか。

以前は食べるところなど限られていた飲食店はもういいよってぐらい増殖しています。

人は増え街は活気があるように思えますが本来店を構えていた電気店は次々に店をたたんでいく状況でこれが電気街が望んでいた状況なのでしょうか?

以前はアダルト専門ビルやメイド喫茶開店のニュースを聞くたびにもうメイド喫茶はいいよと思ったものでしたが今思えばまだメイド喫茶のほうがましだったかもしれません。

このまま行くとどこにでもあるただのビジネス街になってしまうとしか思えません。


» アキバをプロデュース 再開発プロジェクト5年間の軌跡 / 妹尾 堅一郎 (著)

» 秋葉原は今 / 三宅理一 (著)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です