ガジェット

備中倉敷工房の「菊舞」 – 和柄デニムの魅力

備中倉敷工房の「菊舞」 (1)

デフレ、デフレの世の中でジーンズも990円とか690円で買える世の中になってしまいました。

それはそれでいいんですがそれって長い目で見れば自分の首を締めることでもあるわけで、

いいものには価値を認めて正当な価格を支払うのも必要なことだと思ってます。

辛気臭い話になってしまいましたが、

実は前から和柄のジーンズがほしいなっ、といろいろチェックしていたんですが、ネットでジーンズ買うのはまだ躊躇してしまう所があって保留にしていたんです。

大阪で実店舗で扱ってるところがあったので実家に帰るついでにそこで買ってくることにしました。

お店は藍着堂梅田店。

こだわりのお店という感じの店内。

日本のジーンズのメッカ岡山県倉敷児島に自社工場がある「備中倉敷工房」のデニム

これが購入した『菊舞』といやつ。

備中倉敷工房の「菊舞」 (1)

この時期バーゲンセール対象かなとちょっと期待していたんですが残念ながらこれは対象外でした。


備中倉敷工房の「菊舞」 (2)備中倉敷工房の「菊舞」 (3)



備中倉敷工房の「菊舞」 (4)もう少しじっくり見てみたかったけど時間もないので買い物だけ済ませて出てきました。

これから大事に履いて行きたいと思います。

購入した物:
和柄切替『菊舞』5ポケットジーンズ《倉》 18,690円




» 備中倉敷工房


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です