EaseUS Data Recovery – シンプル操作のデータ復元ソフト

間違ってHDDのデータを消してしまった、USBメモリがのデータが読めなくなって困った、そんな経験一度や二度ありますよね。

私も過去何度かトラブルに見舞われてきました。

普段気をつけてバックアップを取るようには心がけてはいますがこういうのって忘れたころに起こる天災みたいなところがあります。

その都度ネットでデータ復元ソフトを探して対処してきたのですが、今回試したのはこちらの、

EaseUS Data Recovery Wizard(データ · リカバリ · ウィザード)

です。

対応デバイスを見るとHDD、SSD、USB、外付けハードディスク、メモリカード、デジカメ、フラッシュカード、ペンドライブ、フロッピーディスク、携帯、RAIDと広範囲になっています。


今回はProfessional版を使ったレポートです。

Free版との違いは無償アップグレードとテクニカルサポートが有ることと復元可能データ量が500MBから無制限になること。

ソフト起動時の右上の[↑完全版にアップグレード]をクリックすると表示される画面に[今すぐ購入]ボタンが有るのでココから購入後。ライセンスコードを入力し[ライセンス認証]でProfessional版になります。



操作メニューはとってもシンプル。スキャンするディスクの選択画面と右上にプルダウンメニュー。
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


プルダウンメニューの「アップデートを確認」したところ。最新版です。
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


スキャンを行うディスクを選択
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


フォルダまで指定する場合は「場所の指定」で紛失ファイルをスキャンするフォルダを指定します。
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery



まず最初にクイックスキャン *1、次にディープスキャン *2 が実行されます。

*1 クィックスキャン:削除やゴミ箱を空きにしたときのファイル復元。
*2 ディープスキャン:アクセスできない、完全消失した、フォーマットしたデータの復元。

ディープスキャンが終わり結果が表示されました。
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


アヴィル・ラビーンのフォルダがあったのでこれをリカバリーしてみます。
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


リカバリーが完了!
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


リカバリーできたファイルはマイドキュメント直下のRecovered dataフォルダ内に格納されていました。
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


リカバリーをあとで継続して行う場合はスキャン結果を保存します。再開する場合はメニューに有る「セッションを読み込む」から保存データを読み込んでリカバリーを再開できます。
EaseUS Data Recovery
EaseUS Data Recovery


操作はたったこれだけ、難しい項目もなくシンプルな手順だけでデータ復旧ができました。

ココから無料体験版がダウンロードできます。
» EaseUS® Data Recovery Wizard

» EaseUS


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です