「OMEGA 2015新作ウォッチ&ジュエリーコレクション展示会」に行ってきました。

2015年3月にスイス・バーゼルで開催された「Baselworld2015」で発表された最新コレクションを見れる機会がオメガさんよりいただけましたので参加してきました。

8Fで新作時計の展示と解説

解説をしていただいたのはオメガの時計技師の方。

時計技師の方より「修理する際の優先順位はなんだと思います?」という問いかけが有りました。

ちょっと思いつかなかったのですが、

答えは金無垢だそうです。

金は資産という考え方からできるだけ修理してあげようということなんだとか。

また修理で多いのは磁気帯びだそうで、80~90%にもなるとか。

磁気帯びの原因としてはケータイのスピーカーや冷蔵庫などだそうです。

ケータイのスピーカーは盲点でした。確かに注意しないといけないですね。

新作時計を腕につけまくってみました。


SEAMASTER PLOPROF 1200M 224.30.55.21.01.001


こんな腕時計持ってたら腕まくりしてさらっと自慢したくなりますね。

裏面からムーブメントを眺めるのもよし。

これが一番いいと思ったんですが、さすがにコレはデカイですね。

うーん、腕細いからなあ、似合わないんですよ。鍛えなきゃ。


あんまり見る時間なかったけど実はこっちのほうが見たかったレディースとジュエリー。


OMEGAロゴのキッシュ、シャンパンと貴重なスイスワインも頂きました。


カスタマーフロアにもおじゃましました。

7F カスタマーフロア
ロンジン / ラドー / ティソ / ハミルトン/ カルバン・クライン ウォッチ のカスタマーサービスフロア。


時計の研磨(ポリッシャー)は職人技なのでなかなかの人材難なんですと。

6F カスタマーフロア
ブレゲ / ブランパン / グラスヒュッテ・オリジナル / ジャケ・ドロー のカスタマーサービスフロア。


左の黄色く見えてるのが磁気抜きの装置だそうです。

5F カスタマーサービスフロア(クイック修理)


なんとコスプレサービスまで用意されていました。

スタッフのかたが着用されているオメガの白衣とルーペを着用して記念撮影。

コレがその白衣でっす。


アトリウム 「ジャルダン・ドゥ・タン」 – 5Fにあるくつろぎのスペースです。




2F オメガブティック銀座本店


オメガは2020年東京オリンピックのオフィシャルタイムキーパーに決定していますね。


オレンジカラーのオメガがあったので思わずチェック。

SEAMASTER PLANET OCEAN 600M 232.32.46.21.01.001SEAMASTER PLANET OCEAN 600M 232.32.46.21.01.001


このエレベーターは中もショールームのようになってるんです。

外から見るとエレベータとは思えないゴージャス感です。

各ブティック別に直通のエレベータが用意されています。


最後に素敵なお土産いただきました。

OMEGA LIFETIME – オメガの発行している機関誌です。読み応えあり。
OMEGA COLLECTION – これはオメガのカタログ
OMEGA Aqua Terra – シーマスターアクアテラと同じ名前を冠したメンズフレグランス「オメガ アクアテラ オードトワレ プールオム」
ルーペ - 意外なものが入っていました。時計の修理に使うルーペです。コレは嬉しい。時計を修理することはなさそうだけど、模型とか作るときに使えそう。



新作ウォッチの詳細はこちらの公式サイトで確認できますよ。

» オメガ・ウォッチ: Swiss Luxury Watch Manufacturer



高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です