モバイルインスタントプリンタ ~ポラロイド「PoGo」ブロガーミィーティングに行ってきました。

11月19日に、今度日本ポラロイドから発売されるモバイルプリンター「PoGo」のブロガーミィーティングに参加しました。

仕事が押していたので約20分遅れで到着。

ブロガーミーティング

「PoGo」のネーミングは「Polaroid on the Go」の略だそうで意訳すると「ポラロイドを何処へでも持っていける」と言うことらしいです。

ケビン・キャビングさん

海外では黒一色らしいですが日本版は別途シルバーのバージョンが用意されていました。
私が借りたのはそのシルバーバージョンでした。ただ部分的に白のパーツがあるのでできれば全面白バージョンのほうがしっくりくるのではとちょっと思いました。

DSC_5150.JPG

接続はPictBridgeとブルートゥースに対応。添付されていたフォトペーパーを青いバーコードを下に敷いてワンパック丸ごとと本体にセットします。(その前に電源をONします。意外と忘れがち)するとしばらくして青い紙が吐き出されて準備完了。これで印刷できます。

バーコード

早速持参したNikon D70にUSBで接続してみました。考えてみるとPictBridgeを使うのって自体はじめてだったのですが接続するだけですぐに設定画面が出るんですね。
そしてためし取りした画像を選択したのですがなかなか印刷されません。何がいけないのかいろいろ設定をいじっているうちにどうやら画像サイズが大きすぎた?らしく一番小さいSサイズにすると印刷できました。

試しにプリントアウトしたもの
プリントアウト

このあとは質疑応答に入り、

・バッテリーはもう少し小さくならないか?
-->海外版はもう少し大きく日本版は小さくなっている。
・印刷したプリントを本体に貼れるようなものがあるとおもしろい。
 -->本国で本体に貼り付けたものを広告で見たことがある。
・ノートPCの上におくとこすれるので何らかのカバーのようなものがあったらよかった。
・日本ではIrDA(赤外線)が普及しているので採用してほしかった。
・プリクラのような2分割、4分割はできないか?

などなど。

リクエストは本国にしているが基本的に本国でマーケット等を考慮して決めているので今回はご了承をという感じでした。日本で売れれば次回いくつかの要望は取り入れてくれるかもしれませんね。

海外版のバッテリー
海外版のバッテリー

ケビン・キャビングさんのお話も軽快で楽しめました。この後はビール、ジュース等とサンドイッチをつまみながらの懇親会に移りあっという間に時間あまりが過ぎていきました。

軽食

一ヶ月は借りれるということなのでしばらくこのPoGoあちこち持ち歩いてを使い倒したいと思います。

これは当日頂いたものの中身です。(本体、フォトペーパー30枚入り、カタログ、冊子「ポラロイド写真の世界」、ロゴ入りUSBメモリー)
USBメモリーの中にはPoGoの公式サイトでも見れる紹介ムービーが入っていました。
頂いたもの

おまけ:歴代のポラロイド製品
歴代のポラロイド製品

おまけ:入り口に飾ってある現行のポラロイド製品
現行のポラロイド製品

Polaroid PoGo : HOMEPolaroid PoGo : HOME


» ブログマーケティング、ブログ広告のアジャイルメディア・ネットワーク:Agile Media Network


高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!
2 Comments
  1. 404 2008年12月9日 Reply
  2. born 2008年12月7日 Reply

born にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です