近未来ドラマ『ヘブンズ・フラワー』 は打ち切り?

川島海荷連ドラ初主演作の『ヘブンズ・フラワー』 ですが公式サイトでは放送延期の告知がされていますね。

放送再開の際には、改めて第1話から最終話まで放送する予定。と書かれていますが…。




今日読んだ週刊誌には打ち切りと出ていました。

設定、あらすじ見れば

ある実験事故によって花が咲かない不毛の世界となり、深刻な食糧危機が続く日本。事故からの再建が進む中、「 第七地区 」 だけは震源地として再建から取り残され、「 見捨てられた街 」 となっていた。


モロ現在進行形の状況とかぶるし、カワサキエリクサーは福島原発一号炉とダブるし

やっぱりなあという感じですが…。

よくある設定といえばそうなんですが、現実のほうが先に行ってしまった感がありますね。

危惧しているのは国内のSF、アニメ、マンガ等で今後この手の設定は当分自主規制かNGになってしまうかも。

でもって海外では逆にFUKUSHIMAがカリカチュアされて描かれるんだろうなあ。

我々がチェルノブイリに対して感じたように。


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です