SF映画『ブレードランナー 2049』は2017年11月全国ロードショー



映画『ブレードランナー 2049』
日本公開:2017年11月
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

『ブレードランナー』の舞台となった2019年。そしてその続編となる『ブレードランナー2049』の舞台となる2049年。その2作の空白の30年間の出来事を説明する3つのショートフィルムが公開されました。

『ブレードランナー2049』へ至る、空白の30年間。 2022年に起きた大停電<ブラックアウト 2022>とはー?


『ブレードランナー2049』へ至る、空白の30年間。デッカードが恋人の女性レプリカント《人造人間》と共に姿を消してから17 年後、2036 年の世界。そこでは、レプリカントの新たな創造主となる科学者ウォレス(ジャレッド・レト)が、<巨大な陰謀>を目論んでいた――


『ブレードランナー2049』の舞台である2049年の一年前、2048年の世界―。 ロサンゼルス市警は“ブレードランナー”組織を強化し、違法な旧型レプリカント《人造人間》の処分を徹底していた。軍から逃げ出し、この街にたどり着いた旧型の違法レプリカントであるサッパー(デイヴ・バウティスタ)は、トラブルを避け静かな暮らしを送っていたが……


高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください