『トロイ無双』ブロガー先行体験会に行ってきたヨ!

ホメロスの叙事詩『イリアス』で有名な“トロイ戦争”を題材にしたのが今回体験会が行われたアクションゲーム『TROY無双』

5月15日にギリシャ料理専門店「風の蔵」にてブロガー向け体験会が行われました。

「風の蔵」のギリシャ料理を堪能しつつのゲーム紹介となっています。

そのギリシャ料理に関してのレポートはこちらで:
» ギリシャと地中海料理 DINING BAR 風の蔵

開発スタッフコーエーテクモからはディレクターの門脇氏、ゲームデザイナーの黒田氏とコーエーテクモCANADAからはゲームデザイナーのマイケル・ボンド氏が来日。


制作に当たって苦労された点に関しては海外ゲームと国内のゲームでは美的感覚やセンス、表現方法に違いがあるのは周知のとおりとは思いますがやはり今回もその点で双方、議論を交わしよりよいものを目指し作品を仕上げて言ったとのこと。

ゲームに限らず映画などでもそうなんですが海外と国内で大きく違うのはリアリティに関する感覚というか執着でしょう。

相変わらず日本はアクションやイメージに誇張した物を好む傾向が強いいように思います。

例えで出ていたのはジャンプという動作に関して大きくありえないような(香港映画などに見られるワイヤーアクションなど)を入れるかどうかなど

そんなジャンプ現実にはありえないし小さくジャンプする動作があるんだからということで取り入れない方向に落ち着いたというエピソードもおはなしの中にありました。

私もこの考えには賛成です。ゲームマシンの能力がまだまだ低かった頃はそれでごまかせたかもしれませんが性能が飛躍的に高まった現在、欧米の人たちはそのような手法は子供だましと感じるひとが多いのでしょう。日本のユーザーには評判悪いかもしれませんが…。

盾の攻撃今回プレイで唯一違うのは、ジャンプがなくなり盾の攻撃が追加されたこと。敵をよろめかせる効果があり、一撃必殺の攻撃を出せるチャンスも生まれるということです。


他にもタイミングよく攻撃することで攻撃範囲や攻撃力が上がるシステムも導入されていています。

敵の落とした武器は拾うことができて、投げたり、振りまわしたりできます。

サイクロプスこれはギリシャ側に加担しているポセイドンの息子であるサイクロプス


ゲーム紹介後は地下に移り試遊タイム。

地下一階でのゲームプレイの様子地下一階でのゲームプレイの様子


最後に質問タイム。

Q.ストーリーモードはキャラ選択できない?

A.できません。トロイ戦争という話をちゃんと伝えたいというのが根底にあるので、そうするとどうしてもこれは外せない。

Q.体力の自動回復の仕様がわからない。

A.愛トムを置くということはやめて敵を倒すとKleosというポイントを獲得することでリカバーゲージがたまり、周りに敵がいない時に自動的にリカバーゲージ分回復するという仕組みを導入した。

Q.ジャンプがなくなっているけど?
A.従来の無双シリーズのようなファンシーなアクションにしたくなかった。

Q.周回プレイ時の引き継ぎや難易度を変えることで変わる内容は?
A.買ったアイテムや能力は引き継ぎます。
難易度の違いは、敵の強さや統率性、攻撃頻度などが変わります。
他にも、獲得できるアイテムが変わります。
ノーマルをクリアした後に獲得できるボーナスコマンドをオンにして2週目をプレイしてみてください、とのこと。

簡単ですが。主なところはだいたいこんな感じです。

開発スタッフ出来上がったものだけプレイしていると色々不満に思うえる部分もあるかもしれませんがこうやって開発者のエピソードや思い入れのお話を伺うとまた新たな視点でゲームに入り込めるような気がしました。


» トロイ無双


高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です