コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる

今回は「CamiApp S」でイラストを書いてみました。

ワコムのペンタブレットとかiPadで絵を描くことを試してはいますがまだイマイチ、デジタルデバイス的な制約というか、思ったふうにかけてなくて、この部分では手書きに分があるかなと思ってます。

こんな感じで。



コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる


実はあとで罫線を消せるのを知らなくて、お絵かきには向いてないと思っていたんですがとっくに出来るんですね。

コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる



コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる



一つ注意しないといけないのは、これってページの概念がないので、ページごとに保存していかないと上書きされてしまうということです。

これが失敗例。

コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる


失敗したやつをチェックしないで次のページに書いてしまい、次のページででチェックしてしまったので上書きされてしまいました。

この点は慣れないと取り返しがつかないことになるので注意が必要です。





フローチャート風なのも書いてみました。



コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる


四角、丸なんかの図形はいずれ補正されて綺麗に整形されて取り込んでくれないかな(できればベクターとか)




前回やってなかったアクションマーカーの設定をしてみました。

コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる
コクヨ「CamiApp S」でイラスト書いてみる


これで指定のクラウドストレージにアップしたりメール添付なんかができるようになります。



返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です