SF映画「ラ・ジュテ」



『ラ・ジュテ』は、1962年のフランス映画であり、監督クリス・マルケルによる時間と記憶をモチーフにしたSF映画。 近未来の廃墟になったパリで少年時代の記憶に取り憑かれた男の時間と記憶を、「フォトロマン」と呼ばれるモノクロ写真を連続し映す手法で描く、上映時間29分の短編映画。





返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です