AI(Benjamin)が脚本を書いたSF短編映画「Sunspring」





 先ごろ、AI(人工知能)にショートショートを書かせるプロジェクトが話題になりましたが、海外でAIが書いた脚本をもとにした短編SF映画が公開されました。

 「Sunspring」と題されたこの映画は、映画監督のオスカー・シャープさんが、ロンドンのSF映画祭の2日で映画を作る「48-Hour Film Challenge」コンテスト向けに制作。スマホのキーボードの予測入力などに使われるAIにほかのことを学習させたらどうなるか? SF映画の脚本だったら――という発想から作られました。

 AIの学習にはニューヨーク大学の研究者が協力。「Benjamin」と名付けたAIに「2001年宇宙の旅」「ゴーストバスターズ」「2012」「アベンジャーズ」「フィフス・エレメント」など多数のSF映画を学習させ、脚本を書かせました。

 完成した映像は9分ほどの長さ。失業者があふれ、若者が血を売らざるを得ない未来の世界が舞台。奇抜な衣装を来た男女が三角関係を繰り広げる物語のようですが、会話は支離滅裂に見えます。ト書きの部分には「彼は星の中に立っていて、床の上に座っている」という矛盾する文章も。Ars Technicaによれば、劇中歌もAIにポップソング3万曲以上を学習させて作ったものだそう。映像とBenjaminの脚本はYouTubeで見ることができます。

傑作? 迷作? AIが脚本を書いたSF短編映画が公開


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です