アヴェンジャーズ(1998) – ゴールデン・ラズベリー賞9部門ノミネート



アヴェンジャーズは60年代のイギリスのTVシリーズ「おしゃれ(秘)探偵」のリメイク作品。

金はかかってるはずなのに作品全体のチープ感が半端ないです。(大コケしたらしい)

19回ゴールデンラズベリー賞では最低リメイク賞・続編賞を受賞しているのも頷けます。

見どころといえば、

いきなり男性専用のスパ?かなんかに呼び出して、すっぽんぽんの姿をユマ・サーマンに見せつけたり?

敵役のショーン・コネリーは、クマの着ぐるみを着て出てきたり、とか

ところどころに出てくるシモネタとか、だったりです。

ユマ・サーマンの顔立ちはこういうテイストの作品にはすごく向いてる。

ただコスチュームはこれといって特徴があるわけじゃなく唯一でっかいベルトが目を引くけど、正直いいとは思えまへん。





※2012年にマーベルから同名の「アヴェンジャーズ」が公開されているため紛らわしいので公開年の1998をカッコ付けしています。


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です