NASAが選んだ “ありえない” SF映画、1位は「2012」

NASAが、科学的見地から“ありえない”映画を選出という興味深い記事があったのでピックアップしてみました。

1位は惑星衝突モノの「2012」だそうです。

一方で現実的な映画で「ガタカ」が入っているのは嬉しいですね。これはお薦めです。

■“ありえない映画”ワースト7作品
1.「2012」(09)
2.「ザ・コア」(03)
3.「アルマゲドン」(98)
4.「ボルケーノ」(97)
5.「チェーン・リアクション」(96)
6.「シックス・デイ」(00)
7.「What the #$*! Do We (K)now!?(原題)」(未)

■“現実的な映画”ベスト7作品
1.「ガタカ」(98)
2.「コンタクト」(97)
3.「メトロポリス」(29)
4.「地球の静止する日」(52)
5.「Woman in the Moon(原題)」(未)
6.「遊星よりの物体X」(52)
7.「ジュラシック・パーク」(93)

» NASAが選んだ “ありえない” SF映画、1位は「2012」/ニュース : 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です