ネットツール新着

「ノートン セキュリティ」2016年版 新製品説明会 新キャラクターはあの国民的アニメ

10月12日、シマンテック、ノートンセキュリティの発表会に行ってきました。


シマンテックノートン事業統括本部統括本部長の正木敏博氏






Norton WiFiプライバシー – 公衆WiFiでやり取りされるデータを暗号化

2016年版を10月13日より販売開始

新キャラクターはあの国民的アニメ


ここでノートンセキュリティの新キャラクターを発表。

中から出てきたのは、国民的アニメの『ドラえもん』でした。




「ノートンはいつもそばで守ってくれる。」

「のび太」を見守る存在として登場する「ドラえもん」が同製品のコンセプトと同様であるとし

「助けてードラえもん!」のび太くんをいつでも守るドラえもんのような存在に、だそうです。
» Norton ドラえもん スペシャルサイトはこちら




2016年版の新機能紹介



シマンテック ノートン事業統括本部統括 プロダクトマーケティング部
リージョナル プロダクト マーケティング マネージャの住山望氏



未知の脆弱性を狙った ゼロディ攻撃
脆弱性性を見透けて攻撃する エクスプロサイト
ファイルを人質に金銭を求める ランサムウェア


2015年のマルウェア新種は4億3000万。1日に百万件以上の新種。新種作成が自動化されている

2020年にはIoTデバイスが500億個に。一世帯あたり30個以上。すでにドアフォン、温度計、WiFiルーターなどが攻撃されている。



3つの新機能を掲載

1.PEP (Proactive Exploit Proection) ゼロディ脆弱性を保護
2.エミュレーション 姿を隠したマルウェアを検出
3.マシンラーニング 自己学習で未知の脅威を検出




エクスプロイトを検出するPEPを新たに開発、新たに搭載


PEP(Proactive Exploit Protection)を開発、新たに搭載。


パッカー(圧縮や難読化)で主体を隠したマルウェアを検出


マシンラーニング 未知・亜種のマルウェアを定義ファイル無しで検出



ノートンは新機能を含む6つの保護層でサイバー犯罪者を凌駕

1.未知の脆弱性からの保護
2.ネットワーク保護層
3.ファイル保護層
4.評判・評価による保護
5.ふるまいによる保護
6.修復ツール







アプリアドバイザー機能(Android専用) – 不審な挙動やプライバシーリスクなどでアプリを分類し、データの送信先なども確認できる新機能を提供予定。


Mac版アップデート – 定義ファイルの容量を従来より抑え、スキャン速度やメモリ使用量の低減などを目指したほか、製品を管理できるポータルサイト「My Norton」を用意。

価格はオープン。3デバイスまで利用できる「ノートン セキュリティ プレミアム」の1年版の市場予想価格は6998円。1年3台版などを用意しより購入しやすい価格に。



ウイルスは常に進化・改良されているので対策ソフトウエアも常に最新の技術じゃないと安心できませんよね。

難しい技術的なところはシマンテックさんが考えてくれるので安心して使っていきましょう。



会場は代官山にあるCafe&Diner 「UNICE」(代官山ユナイス) でした。おいしい食事ごちそうさまでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です