パイオニア / インナータイプヘッドフォン SE-CL722T-K – ずっしり重くて重低音

新しいスマホ用にヘッドフォンを探しにアキバのeイヤホンへ行ってきた。

インナーイヤータイプのヘッドフォンは断線が怖いので安物でいいって割り切ってる。

予算的には1000円位でさがしてたらアルペックスの1060円(ALPEX HSE-A1000)が全12色展開でコレでいいやと思ってたところ、

キラリと光る輝きが飛びこんできたのが

『パイオニア SE-CL722T-K』

でした。

視聴してみると思っていた以上に重低音で、お値段約2000円のこの値段にしては十分すぎる高級感もあるし、なら許容範囲内と思い即購入。


パッケージ開封

ケーブルは平麺タイプで断線しにくいかな。

ハウジング部はメタリックでずっしり重い。ハウジングに亜鉛合金、ベースにアルミニウムと剛性の高い2種類の金属素材を組み合わせて不要な振動を抑制し、キレの良い中低域再生を実現してるようです。

コントロール部はボタンが一つだけ、再生停止のみのシンプル設計。ハンズフリー通話が可能です。


イヤーピースはS,M,Lの3種類。



音質向上のためスパイラルドットのイヤーピースに交換するのもお薦めとのことなのでどっかのタイミングで試していたいと思います。


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です