SIMカッター使ってみた。

SIMカッターを使って、MicroSIMからNanoSIMへカットしてみました。

SIMカッターって必要ないときにはよく目にし、いざ欲しくなったときにはなかなか見つからないものというのが私の中でのSIMカッターの認識なんですが。

スマホ乗り換えにあたってSIMサイズが変わってしまうのでいよいよSIMカットする必要に迫られました。

今って標準SIMってほぼみかけない?んですよね。最初からNanoSIMにしとけばアダプターで対応できるし、俺も最初からそうしとけばよかったのに馬鹿正直に標準SIMにしちゃったんよね~。

しかもこれって1回しか使わないから安いとはいえなんか無駄に思えてあんまり買う気が起きないんやけど、しょーがない。

Amazonでポチっ。



届いたのはSIMカッターとSIMアダプターなどの付属品。SIMアダプターだけよく別売りしてるのでこれはありがたい。





武骨なホッチキスのような外観



SIMカッターの底面



あらかじめ作成しておいた標準SIMサイズのプラバンでお試しカット。




なんか結構雑な切り口ですね。



MicroSIMを標準SIMのアダプターにセット

これをSIMカッターにセット


今度は本番、挿入口にセットしてエイヤッ!でガチャン。


プラバンに比べて硬さがあるのでグキッて感じで一瞬ヒヤッ!ッてなったけど、大丈夫か?やはり切り口は荒い感じで、こんなんで大丈夫なんやろかと、かなり不安な気持ちが湧いてきます。


とてもきれいにできたとはいいがたいが…。


スマホのSIMスロットにセット!



恐る恐るSIMスロットにさしてみたら…。

見事に認識してネット接続できてる。



めでたしめでたし。


※上記の内容は失敗する場合もありますので実行する場合は自己責任でお願いします。


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です