『高い城の男』+『パシフィックリム』=『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』?

第二次世界大戦で枢軸側が勝利し日本は巨大ロボットを開発しアメリカを支配していた…、ちう設定の歴史改変SF『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン(日本合衆国)』がつぃに発売開始。これは読まねば。

あらすじ:
第二次世界大戦で日本とドイツが勝利し、アメリカ西海岸が日本の統治下におかれて、40年。巨大ロボット兵器「メカ」が闊歩するこの「日本合衆国」で、検閲局に勤める帝国陸軍の石村大尉は、特別高等警察の槻野(つきの)課員の訪問を受ける。槻野は石村のかつての上官、六浦賀将軍の消息を追っているという。高名な軍事ゲーム開発者の六浦賀(むつらが)は、先の大戦でアメリカが勝利をおさめた改変歴史世界を舞台とするゲーム「USA」をひそかに開発し、アメリカ人抵抗組織に協力しているらしい。石村は槻野とともに六浦賀将軍を捜索することになるが――21世紀版『高い城の男』の呼び声が高い話題沸騰の改変歴史SF。
解説/大森望


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です